忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
でもね、それでもいいかなぁって。
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



ずっと思ってたことがあった。

誰かが自分を思ってくれるだけ、自分も同じようにその誰かを思わなくちゃいけないんだって。
誰かが自分を大きく包んでくれてる分、自分も同じようにその誰かを大きく包んであげなくちゃいけないんだって。

誰かが思うように
自分も思わなくちゃ、って
思う分も思い方も全然違うのに。
そこだけはずれないようにって、綺麗に保とうとしてた。


誰かにどれだけ思われてるのか。
どんな風に思ってくれてるのか。
自分がどれだけ思えて、
どんな風に思えてるのか。
わたしにとってそれは大事なことだった。


だからたまに、
あんなに思われてるのに、
自分は誰かみたいに思えなくて。
あんなに優しくされてるのに、
自分は優しくできなくて。
誰かの思いや優しさが大きい分、自分の小ささに一番呆れてる自分がいた。
だから、自分を嫌いになることでしか自分を保てないでいた。



でも、なんか違ってたみたい。


誰かと自分の思いがぴったり合わなくってもいいんだって。
誰かに思われてることも優しくされてることも、ほんとは幸せなことなんだから素直に喜べばいいんだって。

誰かの思いと自分の思いを同じようにしなくても、
誰かの思いを素直に受け取って、自分は自分の思い方で誰かを思えれば、それでいいんだなぁって。


わたしは小さい人だから。
誰かみたいに優しくもできないし、大きく包んであげることもできない。
誰かが優しくしてくれるみたいに、同じように違う誰かに優しくすることもできない。
そんな、小さすぎる自分。


でもね、それでもいいかなぁって。


同じように返せなくても。
同じように思えなくても。
誰かの思いと自分の思いが違っても。
いつか、そんな風に思えたら幸せだけど。
同じようにできないから、幸せじゃないわけでもない。


それなら、それなら。

誰かの思いを素直に受け取って、素直にありがとうを言おうって。
自分ができないことも、
誰かがしてくれることは幸せなことだから。
それを幸せだなぁって思えたらいいなぁって。

自分ができないこと。
誰かができること。
誰かみたいにできるようになれたらいいかもしれないけど。
誰かみたいにできなくても、自分にできることで誰かに返していけたらいいなって。

それが、いつかは同じようになるかもしれないけど。
そうならなくてもいい。



でも、いつか。

誰かみたいに、
優しくなれたら。
あんな風に思えたら。
大切にできたら。
大きく包んであげられたら。
幸せだなぁって。

いつか、いつか。
そうなれたらいいな。
いつか、いつか。
そうなれますように。





思ってくれるみんな。
優しく包んでくれるみんな。
大きく包んでくれるみんな。
いつも、いつも、
ありがとう。


☆☆☆  『 小さくても 』   by光呼 より。
♭♭♭   http://mixi.jp/view_diary.pl?id=433702664&owner_id=11369102




〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 ごめんね。ありがとう 』   by 光呼
♪♪♪   

★★★  『 君が傍にいるだけで、俺は百万倍強くなれるよ 』   by Messiah
♪♪♪   

★★★  『 戦争の最中でも、「ねぇ、羊の絵描いて」、とおねだり 』
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇





PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!