忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


 


 


★ 青のくさみ「森女」遊泳0101w12t0621


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


雨蕭々白髪落ちる立夏の夜


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


 


 昨日20日に水曜会スピーチで一休さんのお話しをさせてもらいました。
 二度目のスピーチなので、ずいぶん要領も分かってきたと思っていたのですが、一回目と全く同じような無惨な結果になってしまいました。つくづく不特定多数の人たちの前でお話しすることに凡愚老仁は無能であるのか痛感しました。


 水人さんの静かで、淀みない、ポイントを明らかにしながらの語り口の上手さにあらためて感動しました。間合いの取り方が好くて、聞く方も内容を反芻しながら自問もできる交心が成り立っていたのを学ばせてもらいました。
 面と向き合った身近な青年たちとのその場その場の対話、交心しかしてこなかった老仁には、今さら、まとまった話を要領よく語れる能力は養成しようもないことを実感しました。・・・なのに、どうしたことでしょうね、大人の人たちに夢中になって話しかけていることが、なぜか、熱くなるほど楽しいんです。脈絡もなく想像が飛び回り、言葉が湧き出してきて、止めどなく喋りまくっているんです。初回の反省をこめてテーマも絞り、90分で語れるレジメも用意したのに、はじめっからレジメを使わないトンチマンチ喰らった放談になってしまっているんです。放談の渾沌が楽しいんでしょうね・・・
  凡愚老仁は、やっぱり方丈菜園に隠遁して土いじりに恍惚境を遊泳していた方がしみじみHappyなんでしょうね。


 


 7月4日には、藤人さんのスピーチを聞かせてもらうことができます。
 人のお話を聞くことは林住期の楽しみの一つになりました。今まで青年たちとの面と向かった直談判しかしてこなかったので、本も読まず、研修もせず、映画を観ることも音楽を鑑賞することも瞑想することもなかった半生であったことに思いあたります。まぁそれはそれでよかったんだと肯くほかありませんね。その分リタイアしてから知る楽しみ、学ぶ喜びが新鮮で、好奇心全開の老春を遊べるようになりました。朝カル、九歴、伊都国、古文書館の講座、あちらこちらの講演を聴き漁っています。徒労にも近い燃焼ですけれど、燃焼は一瞬一生の清々しい快感を味合わせてくれるんですよ。


 で、スピーチの終わりに、一休さんの序の口も終わらないままだけれど、本命の一休さんと森女さんの菩薩愛について、もう一度、お話しさせてくださいと、お願いしましたけれど、色よい反応はもらえませんでした。
 もう、うんざりだよ、というのでしょうね。


 


 というわけでもありませんけれど、徒然侘るの閑仁は、蒼の臭みに浸りきって妄閾遊泳が心味に合いますので、学生時代の『青のくさみ』気分に埋没したくなっています。恍惚境の『青のくさみ』はリアリストの青臭会には顰蹙物でしょうけれど、ミラクルな50年のよしみで、『青のくさみ』発信、ご寛容くださいね。


 


 もちろん、読まなくってもいいんです。


 まだ発信できる『青のくさみ』が在り、青臭会が健在であることを日々の中に感じることができるのがHappyです。


 


 


★ 仁訳一休詩0287『 只誇一場口頭滑 』自賛12t0615


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


只誇一場口頭滑 一休與麼不休歇 臺搦手段畫難成 狂雲従来妬佳月


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


 


 


 只誇る、一場、口頭の滑らかなるを、
 一休、与麼として、休歇せず。
 臺搦の手段、画成り難し、
 狂雲は、従来、佳月を妬む。


 


仁訳
 ぼくの自慢はね、どこにいても口が達者なことなんだ。
 話しはじめると言葉が湧き出してきて、もうどうにも止まらない。
 時には褒め殺し、時にはこき下ろし、身勝手で絵にもならないよ。
 元々ぼくはね、無口で、あの輝くお月さんのようにおすましの高僧が妬ましいくらいなんだ。


 ※ 臺搦=扌に臺。タイジャクと読む。誉めあげたり、こき下ろしたりすること。
 ※ 与麼=ヨモ。どうしても。


 


 


 雨蕭々白髪落ちる立夏の夜   仁


 夢閨に仙女添うて私語せん


 ※ 私語=閨の囁き合い、睦言


 7月4日の水曜会、藤人さんのスピーチ、よろしくお願いします。


 


 


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


 


★★★  万葉仮名あそび575交心w12r082807m『 黄美毛来手共似稲穂野菜実十奈令 』  へどうぞ!!! ★★★


 


★★★  一休さんの詩を遊ぶ交心0529w02『 蚤虱とことん人間好きになる 』w12r082102  へどうぞ!!! ★★★


 


★★★  TAO交心w12r081601『 言葉ちゅう仙女に恋す宵の秋 』  へどうぞ!!! ★★★


 


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


 


 

PR


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★ 青のくさみ「森女」遊泳2101w12p1029「 0863 」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

身を捨てて月と言葉を遊びけり

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 一休さんは死ぬまで詩を遊んでいますね。
 詩を遊ぶことが一休さんの生涯だったといってよいのかもしれません。それはまた、パリコミューンの真っ直中で<見者>になるために詩を書きつづけて、21歳で詩を捨てたランボーさんの精神に似ていたのかもしれませんが、その後ランボーさんは一休さんと同じように自己超克の砂漠の旅に出ました。21歳で一休さんは自殺未遂で生まれ替わって、聖胎長養の旅に出ました。1891年11月10日コンセプシオン病院にて死亡。狂雲の人生を37歳で、錯乱の中で、閉じました。強靱な肉体も不撓の精神も一休さんは狂雲を巻き起こしながら88歳まで生きます。一念の通り、森女さんに抱かれて、自然法爾の至福の中に坐死しました。
 二人の見者を並べて考えてみましたけれど、未だ関連づけの糸口も見つけ出せないままです・・・


 身を捨てて月と言葉を遊びけり   仁


 凡愚に言葉導きの友






★ 仁訳森女0863w02『 平生長詠短歌中 』恋法師純蔵主辞世詩w12p1029

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 平生長詠短歌中 嗜酒婬詩永日空 身後精魂何処去 黄陵夜雨馬嵬風

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 恋法師純蔵主、辞世の詩
 平生、長詠、短歌の中、
 酒を嗜み、詩に婬し、永日空し。
 身後、精魂、何処へか去る、
 黄陵の夜雨、馬嵬カイの風。

仁訳
 いつだってぼくは詩を長く詠い、また歌を短く詠んできた、
 いつだって酒を嗜み、いつだって詩に婬して、いつだって虚空を生きてきたものだった。
 ぼくが死んだら、魂は何処かへ去ってしまうのだろうね・・・、
 舜妃を祀る黄陵廟には、今も、夜の雨が降っているだろうし、楊貴妃を祀る馬嵬には、今も、風が吹いているだろうね・・・、
 そんな今まで夢に見てきた所に行って、今ここを夢の時空として、森女といつまでも愛し合っていたいものだよ。


 一休さんは死の間際まで詩を追いつづけ、詩いながら死んでいったのでしょうね。
 森女さんには詩いつづける一休さんの声が聞こえているのでしょうね。


 > 裏を見せ表を見せて散るもみじ   良寛


 死に際に貞心尼さんに伝えた良寛さんの心ですけれど、一休さんの森女さんに伝える心も、同じなのでしょうね・・・。そして良寛さんは明晰な精神のまま栄蔵さんに戻っていましたけれど、一休さんもやはり明晰な精神のまま千菊丸さんに戻っていたのでしょね。
 良寛さんも一休さんも母恋少年に戻ったのです。
 貞心尼さんは良寛さんにとって常不軽菩薩さんだったのでしょうし、森女さんは一休さんにとって弥勒菩薩さんだったのでしょう。
 ただもし違いをいうなら、森女さんはその心を一休さんが伝えなくても感じとっていたということでしょうか。目の見える貞心尼さんと目の見えない森女さんの違いでしょう。


 今ここが黄陵馬嵬ぞ星月夜   仁


 草枯れ虫も鳴かぬ狭庭も





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳2001『 お惚気の恍惚楽土花海棠 』w12p1028「0690」 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ つけ句あそび交心w12q093001『 念ずれば物皆形見涼しかり 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






★ 青のくさみ「森女」遊泳1901w12p1025

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

遊泳の時空開くか秋の暮

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 ≪ 東の戸をひらけばよろづのもみじ、西の戸をひらけば竹のはやし、かのとしに焼亡したる庵のあとにむすばれし酬恩庵は、和尚の住みたまいてよりおとなう人も多く、山城、大和、奈良の山山を眼下にみわたす絶景はしょにんの目をおどろかせり。好士のとおきもいとわずきたりて、春にははな、秋はもみじをともに賞づるも和尚の徳のひろがりたるゆえんなり。文明四年の秋のくれなりけるが、和尚一日雲知坊、鉄梅をしたがえ、たまいて奈良初瀬川にもみじをたづねて帰りたまう。折しも山城の山々夕がすみにくれ、西の竹のこずえよりさし入る陽のえもいわれぬうつくしきけしきに、庵の門に立ちて消え入らんばかりなる女人ありたり。和尚不審におもいたまいて近寄らるるに、こは坂の井の上の庵をいでて行方しれずになりにし森女と申すめくら法師なり。和尚おどろきよろこびたまいて、即刻庵にまねき入れ、すぎこしこと問いたもうに、盲女もまた和尚に相見のよろこびかくしきれず、長旅のつかれもわすれてこたえけるに、坂の井の上を立去りたるは老師と日をかさね夜をかさねし夢ともうつつとも浅ましきかぎりの身の悔いられて、このまま有徳の人を罪におとさんよりは、いづこの里なりと身をひそめ、つづみうたなどよみてくらすにしくはなしと思いたち、こころは千々にみだるれど、音もなく庵を出でて、生駒、奈良、笠置の村々をめぐりしも、いかにせんゆくさきざきに一揆のおこりて、朝に夕にいくさのなき日はなく、焼けこぼたれし里家の、まだくすぶる棟木をかきわけかきわけ、野ざらしの堂、森の樹陰にやどりて日をおくりたり、されど住吉にありし頃の、眼にはみえねどなつかしきおもかげの思いだされて、やがてはやせ衰えて死にゆく身にあれば、今生の名ごりにいまひとたびあいたきものと思いつめ、まづ住吉にたちもどりたれど、庵は住み人のかわりて、老師は薪の村にうつりたまうと教ゆる人のあれば、こころせく思いに、見えぬ道を歩き、いまにたどりつき申しそうろう、とこたえければ、和尚涙ぐみたまい、住吉にみたる人ともおぼえなきみめかたちのかわりたる哀れさよ、なぜにことわり無うして出でたちたるや、いつかは草の根わけてもさがしあてて、不自由なる身をかもうてやらんものをと思いておれど、すぐる年の一揆の乱入にて、こぼたれし庵の、仮屋など建つるにまぎれて果たさざりしなり、されど、よくぞ訪うてくれしやと、手をとり頬ずりして涙したまうも和尚が純一無垢のこころなり。さらに和尚の申さるるに、御身はいくさの野をさすらいくらして病みたれど、年わかきゆえにわれほどにやせもせず、みえる眼なればわかろうものを、眼前の衲僧は、老いさらばえ骸骨に皮かぶせたるけしきなりとうちわらいたまいけるを、森女の申しけるは、めくらの身にはこの世の栄華とても、いま説きたまう地獄のいくさも見えもせず、ふく風はうまれながらの凍て風にて、あるは身のよごれも病みもこころづかぬことこそよろこびと申すべし、いま老師が御声をきくにつけてもこころおどり、ひえはてし躰ののぬくもるをしりて嬉しきことかぎりなしとて、つぶれしふたつ眼よりしづくの玉をいく筋か頬つたわらせて泣きすがるを、和尚ふたたびはなしはせぬと手をとりて涙ながらに申さるるに、森女はその手をつとひきて、おそばにとどまりたきはやまやまなれど、若き身の老師のもとにあるなれば、仏道の妨げにこそなれ、何の役にもたたぬ厄介者なりといいつのるに、和尚大声にて怒りたまいて、仏道の妨げとなるやならずや、まづともに日をかさねてみん、かくいうそなた仏道をみしことのありしや。森女首ふりうちふるえ、いまだにその仏道もわきまえおりませぬと申せば、和尚呵呵とうちわらい、安んぜよ森侍者、誰にてもわきまえてはおらぬことなり、仏道の妨げとなるかならぬか、今日よりここにいたまえ、とて熱き息ふきかけ肩いだき、よくこそめくらの身にてたどりつきたるぞ、これこそ仏の加護あればなりとよろこびたまうに、雲知坊、鉄梅ももらい泣きす。文明四年秋のすえ方なれば、はや秋虫の庭にすだきて、落ちくる夜の色にいもせの契りむすばれしより和尚八十八の御年のくるるそのきわまで、森侍者のかしづかるることとなれり。和尚の作偈に、十年、花の下、芳盟を理む、一段の風流、無限の情。惜別す枕頭児女の膝、夜深うして雲雨、三生を約すとあるも、むべなり。 ≫   。。。清太夫『行実譜』
 清太夫の推察は、森女の心懐に入ってこころやさしい。また、一休の再会のよろこびをさもあらんの心情吐露としてあたたかい。薪園再会の両人のよろこびと、有頂天ぶりは、まさしくこの通りであったかと思う。時代は、くりかえしいえば、人は人を人と思わず、親は呼を殺し、子は親を殺し、夫は妻を捨て、妻は夫をなぶり、家来は主を殺し、主はその主にそむき、百鬼夜行、強盗、強姦は続出し、人心地に堕ちた生き地獄である。
 。。。水上勉『一休』p301



 森女さん礼賛詩の時空です。
 一休さんのお話しでは、大好きな場面がいくつもあるのですけれど、その中でも、お気に入りの場面です。酬恩庵のイメージはこの一休さんのスローライフとスローセックスの営みを現成する時空なのですけれど、宮内庁管理下の酬恩庵は今では虫もなく場所を持っていないほど管理し尽くされた感じです。
 清太夫さんの再現してくれた何度目かの再会の場面ですけれど、ここを端緒に一休さんと森女さんのスローライフ、スローセックスの文化を試みたいと念っています。
 作麼生説破の呼吸がつかめるようになるといいのですけれど・・・


 遊泳の時空開くか秋の暮   仁


 天衣無縫の衣盗まん




 
★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1801『 也風流一念菩薩花木槿 』w12p1022 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ 林住期道楽交心w12q090601『 茜草一会の祇王肌に染む 』 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






★ 青のくさみ「森女」遊泳1801w12p1022「0689」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

也風流一念菩薩花木槿

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 秋も深くなって、寒さも肌に感じるようになってきました。
 そんなある日、森公は村の僧から紙で作った衣を借りてきて、寒さを禦ぐ準備をしていたんだ。その紙衣を着た森公の姿態が瀟洒でね、もうたまらなく愛おしくなってしまうんだよ。このときめく心を詩に書いて、森公に伝えるよ。
 一休さんにとって、もう、森女さんの一挙手一投足の仕草も可愛いくて、眺めているだけでもうっとりしてしまうし、その仕草振る舞いの風流を詩に詠んで、豊かな愛楽土を言葉で創出し、その愛楽土をふたりで語り合い、さらに大きく広げながら、愛し合うんです。現実と夢が融合した時空を遊泳するのでした。文化され、語り合われ、創造されていく愛楽土の時空全体がスローセックスの営みなんです。
 スローセックス即スローライフです。
 肉体と魂の融合する愛時空が創生されていきます。
 紙衣に包まれて森女さんの肉体は舞い、踊り、魂に昇華して、一休さんの魂と融合し、一休さんの肉体に花を咲かせるのです。
 也風流。
 妙適清浄句是菩薩位。
 妙なる命の適う所は清浄の世界です。無心の世界です。無心無相の地平でスローセックスは命の清浄の位に至るのです。


 也風流一念菩薩花木槿   仁


 無風流又風流なりしと






★ 仁訳「森女」0689w01『 良宵風月乱心頭 』九月朔森侍者12t0625

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

九月朔 森侍者借紙衣於村僧禦寒 瀟洒可愛 作偈之言
良宵風月乱心頭 何奈相思身上秋 秋霧朝雲独瀟洒 野僧紙袖也風流

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 良宵の風月、心頭を乱す、
 何奈せん、相思う、身上の秋。
 秋の霧、朝の雲、独り瀟洒、
 野僧の紙袖、也マタ風流。

仁訳
 心地好い秋の宵の風月を眺めていると、いつも心を乱してしまうよ、
 どうにもならないものだね、お互いに愛し合っているこの心とこの身のほとめきは。
 秋の霧のように、朝の雲のように寄り添う艶っぽい森公のこの瀟洒な姿態に、ぼくは蕩けてしまう。
 村の僧が作ってくれた紙の衣も、色っぽくてまた風流そのものだよ。


 ※ 秋の霧、朝の雲=楚の懐王と一夜を過ごした巫山の神女が、別れに「私は朝には雲になり、夕暮れには雨となります」と云った故事による。



 風月にゆらぎふたりで戯れん   仁


 天地も一に和みの夢閨



 夢見る初心な少年の恋する心のように素直ですね。
 もっと幼児帰りして、母恋の清浄な心になっていくのでしょう。無心の胎内に遊泳するまで退行してしまうのでしょうか・・・


 > みどり子の次第しだいに知恵づきて仏に遠くなるぞ悲しき   一休


 みどり子にもどる旅路の酔芙蓉   仁


 知恵捨て求道心も捨てきし






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1701『 寄り添うて寂しさに泣け宵の秋 』w12p1012 へどうぞ!!! ★★★

 
★★★ つけ句あそび交心w12q093001『 念ずれば物皆形見涼しかり 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1705『 朝には花新しき酔芙蓉 』w12p1013 への交心です。 ★★★
 








★ 青のくさみ「森女」遊泳1707w12p1014「0687」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

拾われて一夜一夜の月見草

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 雲人さん、いつもつけ句交心ありがとうございます。


 > 夕の落ち花 拾いて行かん   雲天


 拾われて一夜一夜の月見草   仁


 一期一会の今日も巡らん


 うきねの床をさすらってきた森女さんに恵まれたミラクルな出会いは、ほんとうに、偶然とも思えません。命の不思議な陰陽の光合成が太極の宇宙を創生する自然法爾の世界を開いたのでしょうか・・・
 何か神秘体験とでもいえるような魂の妙適さえ感じます。
 自我の拡張で分離してきた魂と命が、妙適、魂命一如の故郷へ戻ったのかもしれません。
 一休さんと森女さんだけが生きた玄の玄なる真如の時空です。


 拈華微笑の、シンフォニー、愛の極地を一休さんと森女さんは開示してくれたように感じます。



 月見草一会の花と相見ゆ   仁


 無弦の音色舞う星明かり





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ つけ句あそび交心w12q093001『 念ずれば物皆形見涼しかり 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1706『 草の露地蔵の力地の恵み 』w12p1013 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!