忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。








――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪――

あわれ吾秋風のごとあらざりき   by かん

――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪――



 みゅぅちゃんが、言葉を失って帰ってきたとき、
 かんは、言葉を失ってしまったよ。
 心を見失ってしまったよ。

 まるで無力な、
 骸のように無様なかんが投げ出されていたよ。

 生身の世界では、動けない、吾が身が、
 ただ、ただ、呪わしい。
 ただ、ただ、疎ましい。


 動けたら、
 ただ、黙って、みゅぅちゃんを抱きしめたよ。
 よく帰ってきたね、と、しっかり抱き留めたよ。
 ただ、抱きしめて。
 ただ、抱きしめて。

 言葉はいらない世界だよ。
 ミラクルはいらない世界だよ。

 そんな世界があってもおかしくはないし、
 そんな世界が、夢に観る世界だけれど、
 そんな世界は、それこそ、ミラクルなんだよ。


 そんな世界を、起こしたいと、
 切なく想う。
 そんな世界へ、一緒に入りたいと、
 本気で念う。


 けれど、現実は、念を裏切るものなんだ・・・


 かんは、心は銀河の外まで飛ばしても、
 体を飛ばす力はないんだよ。


 体を飛ばせたときがミラクルだけれど、
 かんに、それができる・・・?

 みゅぅちゃんだって、それを望んではいないよ。


 普通の世界で、
 小さな夢を見つづけていくしかないんだね。


 それでも、小さな世界で、
 小さな夢を見て、
 小さな夢で、つながっていけるんだよ。

 みゅぅちゃんは、あんまり大きすぎたけれど、
 小さなみゅぅちゃんが、かんは、大好きなんだよ。
 小さなみゅぅちゃんが、ときどき、
 大きなみゅぅちゃんで現れることがあるから、
 夢を観ることができるんだよ。


 やっぱり、そんな夢、観つづけることができるといいね。




☆☆☆ 『 ミラクルよりも大切なものがあるのよ 』   by みゅぅ
♪♪♪  




〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 蘖のごとく普通の吾生きる 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 10002
♪♪♪ 

★★★ 『 汝れを呼ぶ力失せ行く鱗雲 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 7701
♪♪♪  

★★★ 『 秋の陽に玄牝の門潜りけり 』 ★ ネット吟行 008
♪♪♪

〇-----*****************************************-----〇



PR


 ★★★ 『 みんなでいけるといいね 』 ♭♭♭  



 あなたの愛とかれの愛がかさなって
 愛の境界線ができるんだね。

 じぶんだけの愛はない。
 かれだけの愛はない。

 ふたりの愛がかさなって、
 あなたもかれも守られる。

 あなたが求め、
 かれが求め、
 ふたりの愛がかさなっているよ。

 愛の境界線が、
 幸せの世界への境界線なんだね。

 愛の境界線のうえに、
 おおきな虹がみえるよ。

 みんなが愛の境界線もてればいいね。
 みんなで愛の境界線こえれればいいね。






★★★ 『 子どもは将来を担う宝です 』 へどうぞ!!! ♪♪♪
♪♪♪ 






〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 さわやかに求宇観音の坐(いま)す空 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 7801
♪♪♪  

★★★ 『 銀河では愛は赦しの快共振 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 8706
♪♪♪

★★★ 『 マグダラのマリアも遊ぶ銀河郷 』瘋癲老仁妄詩 7003
♪♪♪

〇-----*****************************************-----〇



 


私のこと
分かってくれる人
ずっと、待ってたの

私だけを
見てくれる人
ずっと、探してたの

だけど
やっぱり私なんてね
変な子だし
迷惑しかかけないし
じっとしてた方がいいんだよね

だって
あなたの望んでるものと
わたしが持ってるものは違ってて

あなたが望んでるものは
あの人が既に持っていて

かないっこないものね

わたしも
一緒にいたいのにな
一緒にいて
笑って
泣いて
お歌歌って

お空が好きなのは私なのに

自由におててを伸ばして
抱きしめて
独り占めにして

お空を飛びたいのは私なのに
やっぱり
青色もあの人のものになる


そうやってわがままいうと
あの人も
そしてあの人が好きな人も
困っちゃうから

わたし、そんなのみたくないし

二人とも
わたし大好きだから


だから
ここだけが
わたしの白い翼を広げられる場所にするよ

ここはわたしのお空
わたしの世界

だれにも迷惑をかけないで
おしゃべりをして
ふわふわ飛んでいられるの


わたしが生きていられるのは
やっぱりあの人のおかげ

そう思うから
だからここで
お空を飛んでいようと思うよ







――☆◆♪―――――――――――――――♪◆☆――
人を暖められる人になれるから  by Coo
――☆◆♪―――――――――――――――♪◆☆――






今は心や腕の切傷からは、
痛々しい血が流れているけれど、

いつか、そこから、暖かい愛がふき出してきて、
誰よりも人を暖められる人になれるから。

Cooはね。その日を信じてる。







 ☆☆☆ 『 子ども達の戦い 』   by くぅ ♭♭♭







〇-----*****************************************-----〇

★★★  『くじらの背中に乗って』 by Coo
♪♪♪ 

★★★  『 今でゎ、すべてが、私の宝物 』   by 星呼
♪♪♪ 

★★★ 『 空蝉に心の空を移しけり 』瘋癲老仁妄詩 1402
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇
 
  ☆☆☆  『 普通のこと 』   by くぅ  ♭♭♭  
    


※今朝、家を出るときに携帯で撮った猫達



※朝の陽の光に包まれて、幸せそうに寄り添って眠っていた


くぅにはとても大事な友人たちがいて、
彼らは、「死にたい。死にたい。」という。

遠い空の下にいる
まだ、15歳と、18歳の女の子。

普通なら、生きていることすら意識もしないで、
くだらないことで、教室でクラスメイトときゃっきゃ笑いあっている
そんな姿が似合うはずだった女の子たち。

でも、そんな普通のことを奪われた女の子達。

彼らの腕は、耐えられないこころの痛みから逃れるために傷だらけ。
でも、その間も、着実にこころは傷ついている。
だから、彼らは、「死にたい。死にたい。」という。


彼らが悪いわけじゃない。


決して、彼らのわがままが
「死にたい。」と言わせてるんじゃない。

だから、思う存分、言わせてあげたい。
「死にたい。」って。

今の彼らにとって、どれだけ苦しいかを表現する言葉は
「死にたい。」って言葉なんだから。


決して、彼らのわがままが
腕を傷つけさせているわけじゃない。

だから、腕を傷つけることもわたしは止めない。

今の彼らにとって、人生で自分の意思を通せるのは
腕を切ることぐらいなんだから。


いつか、彼女たちの腕が、
誰かを抱きしめるために使われて、

いつか、「生きてて良かった」という言葉が、
彼女たちの強がりじゃなく、自然に口からこぼれてきて、

そんな日が来るまで
ずっと、ずっと、二人から出てくる言葉も、傷ついた体も
そのまんま、そのまんま、抱きしめる。

口だけじゃなく、抱きしめにいく。
どこにいても、抱きしめにいく。


そして、普通のことが与えられなかった二人に教えてあげるんだ。

寄り添うことの暖かさと
二人の命の尊さを。

くぅの体全体とこころ全体を使って。
皆からここでもらった愛のパワーを使って。
あっくんからもらった幸せのパワーを使って。

命をわしづかみにして決してくぅは絶対に離さないんだから。
絶対に離さないんだから。





〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 本物の種を植えようよ 』
♪♪♪  

★★★ 『 露草や一夜限りの愛に在る 』瘋癲老仁妄詩 0801
♪♪♪  

★★★  『 愛さずにはいられない 』
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇





忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!