忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

自らを光として歩くふぅがいる

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



仁は後退りするばかりだよ。
もう前へ行く夢もパワーもないんだもの・・・
失われた夢をひとり遊びで遊ぶばかり・・・
夢よ、もう一度、・・・
起こるはずのない復活の夢はもう見ない。

けれど、ふぅが、歩いていく。
独りで、歩く茨道。
信じて歩く希望の道。
その道の先には、やっぱり、maikoがいるんだ。
その道の先には、やっぱり、大切なものがあるんだ。

ふぅが歩いていく道の後方を、
臆病者の仁は、そっと、後ろから歩いていく。
ふぅが躓いて転んだら、
起こしてやることくらいできるだろう。
傷口から流れる血を拭ってやることくらいできるだろう。

はじめっから仁には、
maikoを見る力などなかったけれど、
ふぅにはmaikoが救いだった。
ふぅにはmaikoが希望だった。
maikoを信じたふぅがいた。

今では、もう、自分を信じたふぅがいる。
今では、もう、自分を創りだすふぅがいる。
自分を信じるように、
maikoを信じるふぅがいる。
自らを光として歩くふぅがいる。




 ☆☆☆ 『 大切なもの 』  by Coo ♭♭♭    




 
PR



――☆◆♪―――――――――――――――♪◆☆――
些細ないじめから内気になって…   by 星呼
――☆◆♪―――――――――――――――♪◆☆――



 過去を話します…
 受け入れてもらえるか…
 そんなこと。って思われないか…怖い…でも私が私として過ごすためにゎ…みんなに知ってもらわなきゃ…

 私ゎ保育園の頃から母をしりませんでした…入退院を繰り返していたので…毎日ばぁちゃんのバイクに乗って保育園に通っていました…保育園にゎ発達遅れの子が一人いました…その子をいじめていました…でも酷いいじめのときゎその子をかばっていました…いつの間にかその子の母親がわりになり…小学校に上がると…いじめゎエスカレートして教室から閉め出されて…私になきながら助けを求めてきて…違うクラスなのにずっとそばにいてみんなに辞めるようはなしていました…いじめをとめているうちに…いつの間にか…いじめの対象がかわり…私がいじめられていました…でも私気にしてなかったから…馬鹿やなぁ…思ってた…それでも男友達ゎいたし…でもなかなか女友達ゎできなかった…

 五年になってさすがに辛くなってみんなにあわせるようになった…そしたらいつの間にかいじめに参加してた…そのこゎ不登校になってしまって…責任感じて…仲間から離れた…修学旅行…一人で過ごした…中学に上がったら…またいじめられた…教科書を読んでたらみんなが読み方変やし。
 なんいいよるか分からん。って言われた…カラオケに誘われて言った…そしたら次の日にゎ…あいつまぢ音痴やし。まぢ耳痛くなる…って言われて…それから話かた…全てにおいていじめの材料…そこから次第に口数ゎ減り…相談しなくなり…笑わなくなった…人前で話すことなくなった…

 人が怖くなって…今でも人前が怖い…読むこと…話すこと…自分を見せることが怖い…だから人を試したり…さぐって大丈夫って思えた相手とだけよく話すようになった…
 それが原因で…今でも人前で話をすること…人前に立つこと…すべてが駄目になった…

 読んでもわからないことばっかだよね…
 でも些細ないじめから内気になって…今でもそれだけゎ乗り越えれない…みんなの何気無い言葉が刺さって…駄目になり…カラオケに行っても顔色うかがってしまう…
 これが私の過去…トラウマです…





 ☆☆☆ 『 私の過去 』   by 星呼 より【 転載 】 ♭♭♭  



 

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――
愛がいるんだよね…深い深い…愛が…
――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――






 遙かな生に思いを寄せて、
 親は子どもを育んできた。
 親の愛を一身に受けて、
 健やかに育った子どもがいる。
 親の愛は温かい。

 親の愛を求めながら、
 親の愛に恵まれなかった子どもがいる。
 歪んだ親の愛に育てられた子どもがいる。
 今も親の愛を求めている子どもがいる。
 家族の温かさを求めつづけている子どもがいる。

 父は子どもへの愛を歌に託し、
 子どもの幸せを祈って歌い続けている。
 父の歌を聴いて育った子どもがいる。
 父の愛を恵みとして、
 受け継いでいく子どもがいる。

 歪められた父の愛を
 愛だと信じて育ってきた子どもがいる。
 病んだ母を守りつづけてきた子どもがいる。
 愛を奪われたまま、
 愛を求めつづけている子どもがいる。

 母の愛を求める子どもに
 家庭の温かさを求める子どもに
 母の優しさを与えた母がいる。
 家庭の温かさを与えた家庭がある。
 子どもは少女に戻ってやさしさと温かさを享受した。

 けれど、少女は、
 少女のままでは生きることができない。
 少女の闘いが始まった。
 少女の闘いを支えるものは、愛の深い絆だ。
 少女の求める愛を与えるものは大樹なのだ。







〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 大きな樹になりたい 』 by 星呼
♪♪♪

☆☆☆ 『 大きな樹 』 by くぅ
♭♭♭  

★★★   『 おれの存在 』     by 月人
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇



――☆◆♪―――――――――――――――♪◆☆――

探し物   by 星呼

――☆◆♪―――――――――――――――♪◆☆――



僕らゎ何を探してやって来たのだろうか
僕らゎこの見にくい世界で何を求めてきたのだろうか
明日を夢見たはずの少女が
明日に脅えてないている
こんな世界に
君なら何と名をつけるだろうか

さぁ
怖くなんかないさ
閉ざされた戸を
開けてみよう
そこにゎ
希望と言う
輝いた世界が待っている

僕らゎ何を探してやって来たのだろうか
希望に溢れたこの世界で
明日に脅えていた少女が
重たい戸を開け
顔をだした
もぅ怖くわない
君が探していたのゎ
希望に溢れた
この世界なんだ




☆☆☆ 星呼の 『 探し物 』 より。 ♭♭♭  




〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 そのまんま、そのまんま、抱きしめる 』  by くぅ
♪♪♪  

★★★  『 私の大好きな言葉、<辛いときこそ、笑いなさい> 』   by 星呼
♪♪♪   

★★★  『 わが愛を奪うは戦争わが愛を守は9条永久の法 』
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇

 
  ☆☆☆  『 普通のこと 』   by くぅ  ♭♭♭  
    


※今朝、家を出るときに携帯で撮った猫達



※朝の陽の光に包まれて、幸せそうに寄り添って眠っていた


くぅにはとても大事な友人たちがいて、
彼らは、「死にたい。死にたい。」という。

遠い空の下にいる
まだ、15歳と、18歳の女の子。

普通なら、生きていることすら意識もしないで、
くだらないことで、教室でクラスメイトときゃっきゃ笑いあっている
そんな姿が似合うはずだった女の子たち。

でも、そんな普通のことを奪われた女の子達。

彼らの腕は、耐えられないこころの痛みから逃れるために傷だらけ。
でも、その間も、着実にこころは傷ついている。
だから、彼らは、「死にたい。死にたい。」という。


彼らが悪いわけじゃない。


決して、彼らのわがままが
「死にたい。」と言わせてるんじゃない。

だから、思う存分、言わせてあげたい。
「死にたい。」って。

今の彼らにとって、どれだけ苦しいかを表現する言葉は
「死にたい。」って言葉なんだから。


決して、彼らのわがままが
腕を傷つけさせているわけじゃない。

だから、腕を傷つけることもわたしは止めない。

今の彼らにとって、人生で自分の意思を通せるのは
腕を切ることぐらいなんだから。


いつか、彼女たちの腕が、
誰かを抱きしめるために使われて、

いつか、「生きてて良かった」という言葉が、
彼女たちの強がりじゃなく、自然に口からこぼれてきて、

そんな日が来るまで
ずっと、ずっと、二人から出てくる言葉も、傷ついた体も
そのまんま、そのまんま、抱きしめる。

口だけじゃなく、抱きしめにいく。
どこにいても、抱きしめにいく。


そして、普通のことが与えられなかった二人に教えてあげるんだ。

寄り添うことの暖かさと
二人の命の尊さを。

くぅの体全体とこころ全体を使って。
皆からここでもらった愛のパワーを使って。
あっくんからもらった幸せのパワーを使って。

命をわしづかみにして決してくぅは絶対に離さないんだから。
絶対に離さないんだから。





〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 本物の種を植えようよ 』
♪♪♪  

★★★ 『 露草や一夜限りの愛に在る 』瘋癲老仁妄詩 0801
♪♪♪  

★★★  『 愛さずにはいられない 』
♪♪♪   

〇-----*****************************************-----〇





忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!