忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★






★ 青のくさみ「森女」遊泳1301『 森公乗輿 』w12p1006

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

小さきが寒さに震え抱き合う

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 しばらく一休さんのおのろけ語りがつづきます。
 単純で幼稚な凡愚老仁は、少年時の初心さで、一休さんの清純な恋を堪能します。ほんとうに一休さんは初な少年の心のままに純愛に耽溺しているんです。こんなにも無垢に、無心に、愛することができる一休さんが大好きになってしまいます。


 今まで、凡愚老仁にはわかりもしないのに、一休さんの純禅の来し方と行く末を眺めてきました。無所住、無一物のスタンスが森女さんへの愛にも貫かれているのでしょう。その純禅のスタンスを貫く精神は超人の技にちがいありませんけれど、現成したその実存は、ほんとうに、初心で無垢な少年のようです。あるいは幼くして母と離れ離れになった少年の母恋の胎内回帰の願望そのまんまです。

 森女さんは、そんな一休さんを、心の目で観ますから、森女さんには一休さんのインナーチャイルドが観えていたのでしょう。地獄の業苦を生きぬいてきた森女さんの心にも裸で寒さに震えるインナーチャイルドが棲んでいたのです。傷つき震える二つの裸の命が共鳴し、共振し、寄り添い合って、ここに魂の交合がはじまりました。
 森女さんは母になってインナーチャイルド一休少年を抱き、一休さんは父になってインナーチャイルド森女少女を抱きます。
 森女さんと一休さんの性愛は無濾路の魂のまぐわいとして現成したのでした。

 妙適句是菩薩位。

 ミラクルな究極の愛の結晶ですけれど、それはまるで少女と少年のままごとのように現成しているのでした。



 小さきが寒さに震え抱き合う   仁


 小さき命小さき歓喜





★ 仁訳森女0683w01『 森公乗輿 』12t0617

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

鸞輿盲女屢春遊 鬱々胸襟好慰愁 遮莫衆生之軽賤 愛看森也美風流

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 鸞輿の盲女は、屢、春遊する、
 鬱々たる胸襟、愁を慰めるに好い。
 遮莫、衆生の軽賤、
 愛しく看る、森也が美風流。

 ※ 屢=シバシバ。   ※ 遮莫=サモアラバアレ。


仁訳
 目の見えない森公は、ぼくの自慢の輿に乗ってね、時折春の野辺を遊び回るんだよ。
 胸に溜まった鬱陶しい愁いも吹き飛んだように、森公は無邪気にはしゃぐのさ。
 世間の目はうるさくてね、いろいろ取り沙汰するけれど、
 あどけない森公の優美な振る舞いを、ぼくは、うっとりと、眺めているよ。



 見えない目で春の野遊びをする森女さんは、輿の前の野を駈け廻るインナーチャイルド一休少年をうっとり眺めています。その危なっかしく駈けるインナーチャイルド一休少年を手を差し出して守ろうとする森女さんの仕草が一休さんにはこの上なく優美なものに観えました。その優美な森女さんがインナーチャイルド森女少女になって、野原で唄い、舞うのを眺めているのでした。
 そしてその森女少女と一休少年は妖精のように唱い、舞い、抱き合って、夢幻の時を戯れつづけるのです。


 蝶の舞い花の靡ける春遊び   仁


 妙適清浄光交響






★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳1204『 ある夜は星の仙女と星踊り 』w12p1005 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ つけ句あそび交心w12q093001『 念ずれば物皆形見涼しかり 』 へどうぞ!!! ★★★
 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!