忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さっき外に出てみたらね、ありえないくらい星が輝いてた。


なんでやかね?
なんでやかね?
なんで、星がこげん出てきたとやかね?
なんで、星はこげんわたしを照らしてくれるとやかね?



ねぇ、星さん。
わたしは素直になれんとよ。
わたしは、優しくなれんとよ。

でもねぇ、星さん。
星を見ると素直になってしまうとよ。
星を見ると優しくなってしまうとよ。



あんまりにも綺麗やけんね、思わず涙が出てしまった。
止まらんと。止められんと。
感動したと。なんか安心したと。


なんやか?
星さんには、わたしの心が見えるとやか?
それとも、わたしば励ますためにわざわざここば照らしてくれよるとやか?


多分ね、そうやち思ったとよ。
多分ね、わたしをひとりぼっちにせんようにってここまで来てくれたと思ったとよ。




ありがとね。
でもね、あんまり綺麗すぎて、
「なんでそげん光よっと?
 なんでそげん綺麗と?
 なんでそげん照らしてくれると?」って聞いてしまったよ。


そげんわたしは寂しそうにしとったと?
そげんわたしは悲しそうにしとったと?



わたしね?
嫌いになりたいのに嫌いになれなくて、星見上げながら泣いたことはたくさんあったよ。

でもね?
好きなのに好きって言えなくて、星見上げながら泣いたのは初めてだったんよ。



でもね、顔を上げてみようと思ったんよ。
ちょっとだけ、光がほしかったんよ。
顔を上げてみたら、きっと星さんがキラキラ輝いてるって思ったんよ。
ちょっと楽になれると思ったんよ。


よぉ分からんとやけど、、、
でもね、綺麗やった。
輝いとった。眩しかった。
見とれてしまった。泣いてしまった。



多分ね、好きなとよ。
多分ね、嫌いにはなれんとよ。




星さん、ちょっと光を分けてくださいな。
ひとりで輝くには、ちょっと足りないんよ。
わたしはやっぱり、あなたが必要なとよ。


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
芽おこしの雨に昔の本開く
  生呼さんの 『 雨が降る日はそばにいて 』  をネット吟行してきました。 サ
WEBLINK[URL] 【2007/02/18 13:12】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!