忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


淡雪や美しく観る力得る


★ ネット吟行 02101 

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

淡雪や美しく観る力得る

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 天大さんの部屋をネット吟行してきました。
 新しい世界を開いてもらいましたよ。

▽▽▽ 『 それはあなたとしての美しさ 』 ♭♭♭ 



 。。。 ≪ 全ては愛なんですね。
 全ては美しいんですね。

     淡雪や美しく観る力得る

 そう信じます。


 そう信じると、
 全てを受け容れることができるし、
 どのひとつも選択していいんですね。
 選んだどのひとつも、美しい自分なんですね。


 美しく生きる、
 そう言えるようになります。

 ありがとうございます。 ≫ 。。。


 ほんとうに、自分を美しく生きる、
 そんなこと言えるはずのないことでした。

 けれど、天大さんの心を受け容れていくと、
 この邪悪な老仁でも、
 邪悪なまんまで、美しく生きているんだと思えてきました。
 いいえ、むろん、美しく生きようと願っているだけなんですけれど、
 その願いの中に、美しさは在るんだ、とそう理解したんです。

 「 それが老仁としての美しさなんだよ 」
 そう言ってくれる天大さんがいてくれるんです。


 阿修羅さんの来し方をすこし辿り直してみようと思います。
 興福寺の阿修羅さんのあの穏やかな表情がどこから出てくるのか不思議でしょうがなかたんです。阿修羅さんは自らを求めて、自ずからそうなっていったのだと思うのですけれど・・・
 そして、人々によって創りだされていく阿修羅さんがいるんでしょうね・・・

 ★★★ 『 除夜の鐘おだやかなりし修羅の貌 』 ★ ネット吟行 02001 へどうぞ!!! ♪♪♪   


 妖精の愛呼を愛し、天使の愛呼と遊んでもらっています。
 「 それが老仁の愛なんだよ 」
 そう自分自身に言い聞かせるんです。
 木香観音にやわらかく抱いてもらうことができるようになりました。
 「 そうだよ。木香観音に愛してもらっているんだよ 」
 そう自分自身に言い聞かせるんです。

 もっと美しく愛呼を愛し、
 もっと美しく木香観音を愛していこうと願います。


 ひとり遊びの世界の、
 ひとり遊びの創造ですけれど、
 創造される世界として、
 異界のことも、
 この世のことも、
 同じリアリティが体感できるのですよ。



 美しく観る力。
 美しく愛する力。

 命を大きくすれば、
 美しく生きることができるんですね。

 命に帰る道があるんですね。




 初日の出一枚裏は愛満ちる

 初日の出愛は遅れて表れる

 心には光溢れる初日かな






〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 秋の蝶つくづくいのち輝くよ 』
♪♪♪  

★★★ 『 愛呼今飛鳥の今を翔け巡る 』 ★ 万葉の恋 005
♪♪♪ 

★★★ 『 再びの夢起こりえず春待つも 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 12202
♪♪♪

〇-----*****************************************-----〇



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!