忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪――

素敵な色が、きっと生まれる   by 光呼

――♪☆◆♪―――――――――――――♪◆☆♪――




☆☆☆ 『 color 』   by 光呼   より【 転載 】 ♭♭♭

 



素敵な絵本に出会いました*



「いろいろへんないろのはじまり」





最初、この世界ははいいろで。

ほかに色はなくて。


変わり映えのない世界に。

魔法使いが色を作って、世界に色をつけていくお話。






色は、一色でもいけなくて。

全部を同じ色にしてしまうこともだめで。


どんなに素敵な色でも。

その一色の色だけで世界を塗りつぶしてしまったら。


みんな、その色が嫌いになってしまう。




だけど、いろんな色をつくったのは。


そのひとつひとつの色を混ぜ合わせてできたものだから。



新しい色をつくるには。

そのひとつひとつの色がないと。

生まれない色だった。




あおだけでもだめで。

きいろだけでもだめで。

あかだけでもだめで。


でも、その色があって。

他の色は生まれた。



あかいろとあおいろを混ぜてできた、むらさきいろ。

きいろとあおいろを混ぜてできた、みどりいろ。

きいろとあかいろを混ぜてできた、だいだいいろ。



そうやって、混ぜ合わせたから。


この世界には色が増えていって。


いろんな色が、生まれた。






あおの場所には、あおいろを。

きいろの場所には、きいろを。

あかの場所には、あかいろを。

むらさきの場所には、むらさきいろを。

みどりの場所には、みどりいろを。

だいだいの場所には、だいだいいろを。


その場所にあった色で、その場所に色をつけること。



そうやってこの世界につけられたいろんな色は。

その場所にあった色で。

その場所にしかない、色だったんだろうな。




新しく色を作るよりも。

今ある色に、違う色を重ねたら。


素敵な色が、きっと生まれる。





そんなことを感じた絵本でした*






この絵本を見つけたのはすごく直感で。

でも、すごく魅かれて手に取って開いてみたら。

すごく素敵な絵本で、すぐに借りて。


後ろの貸出票を見たら。

この本を一番目に借りたのが私だったという。

なんだか、不思議な出会いでした*


引き寄せられて出会った一冊の絵本。

こんな絵本を私もかいてみたいなぁなんて思ったり。


きっと、私を呼んでくれていたんだと。

勝手に思っちゃいました*




おかげで、心がほっこり。


やさしい気持ちになれましたとさ。




私も、今ある私の色にまた違う色を重ねて。

違う新しい色をつくっていきたいな。


重ねる色は、もうとっくに出会っているかもしれないし。

もしかしたら、まだ出会っていない色かもしれないけど。


でも、その色はきっと誰かがもっていて。

どこかに隠れていて。

でも、きっと目に見える場所で。

色を放ちながら、待っていてくれてる。




だから、素敵なcolor、探しにいきます*



素敵な絵本さん、ありがとう*





〇-----*****************************************-----〇

★★★  『 しあわせれんさ 』    by 光呼
♪♪♪   

★★★ 『 虹 』 by 光呼
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!