忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都都逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

 

 

 

 

★ 都都逸で交心v13s072501

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

熟れりゃ喰わぬちゃ仏のご飯 生の馳走の滴りぬ 』

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 

 

☆☆☆ 唯呼さんの妄想迷走都々逸遊び『 憎い人・・ 』 へのしり取り都都逸交心です。 ☆☆☆
 

 

 

                                     
 >・ 手取り足取り教えておいて
             熟れりゃ喰わぬちゃあんまりな~    唯

             熟れりゃ喰わぬちゃ仏のご飯
    生の馳走の滴りぬ   仁

    手取り足取り色は匂えど
             浅き夢かや笑みもせず   仁

             教えておいて身を惜しみしや
    他流試合に追い出して   仁

 

 > 良寛0423 たまぼこの道まどふまで秋萩は咲きにけるかも見る人なしに

 

 師匠にしり取り都都逸の手ほどき受けて、都都逸情緒で世界が艶に観えてくるようになりました。このおもしろさ、ひょっとすると良寛さんはとおの昔に嗜んでいたのかもしれないと感じます。
 今朝良寛さんの秋萩連作十二首を拾い読みしていて、ふと、変に艶っぽい良寛さんの遊泳時空を感じたのでした。病気療養中に詠んだものらしいのですが、病んで臥していても、心は自遊に、謄謄任天真を遊んでいたのでしょうね・・・

 > 良寛0336 秋の野を我が分けくれば朝露に濡れつつ立てり女郎花のはな

 連作十二首の最初の歌ですけれど、切なくも狂おしいほどの妖艶さが漂っていますね・・・

 

 秋萩を折り摘み取れば露零る   仁

 遠く牡鹿の鳴く声あわれ

 

 手ほどきありがとうございます。

 

 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

★★★  言葉あそび575交心v13s072210『 せめていちど声聞かせてよほととぎす 』 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  都々逸で交心v13t060403『 情の深さが徒にもなるが 晴れぬハートもいじらしや 』  へどうぞ!!! ★★★
 

 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!