忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 徒然575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




 凡愚老仁もいつの間にか古稀を迎えてしまいます。
 古稀にもなって未だ大人になることのできない未成熟人間です。未成熟人間のままでいたいという願望を遊んでいるのかもしれません。19才で絶句して・・・ということをいつもいってきました。それ以来、19才のまんまを言葉あそびで生きてきました。
 心は19才を遊んでいるのに、肉体は正直です。怠惰に生きてきましたので肉体の老化も早いのでしょう。機能麻痺も多くなりました。いつ病に襲われてもおかしくない状態です。身体は枯木状態に見えてきているんです。
 なのに心は青くさいまんまです。
 言葉あそびをしなければ、心の青臭さは見えないのでしょうけれど、言葉あそびで青くさい心を晒していますので、顰蹙物ですけれど・・・


 一休さんは枯れ木に花を咲かせました。

 『 超えて今地獄の花か酔芙蓉 』青のくさみ「森女」遊泳0501w12q0909 へどうぞ!!! ★★★
 


 「枯」は「木偏」に「古」と書きます。木が古くなると、年を取ると「枯れる」んですね。人の肉体も枯れるんですね。心も枯れてくれればいいのですけれど、心はいつまで経っても「19才」のまんまです。19才の青臭さを楽しんで生きています。


 19の心の花を咲かせけん   仁


 喜寿の体に咲け酔芙蓉


 「古」という字は「十」と「口サイ」でできています。
 「十」は数字ではなく、聖器としての「干たて(盾)」のことです。「盾」は目の上に「干たて」をかざして身を守る形です。その身を防御する「干」を口サイ の上に置いて、口サイの祈りの効果を長く保たせる意味を持っています。それで「古」に「ふるくからのもの、ふるい」の意味となり、あまり古くて長い時間が経つと木は枯れ、水は涸れてしまいます。それで、「かれる、かわく」の意味に用いられました。
 音符が「古」の字には「生気を失った」という意味を持つものが多くなっています。
 「歹部がつへん」は死者の残骸の形で、「○こ(歹部がつへん+古)」は「人が死ぬ」の意味になる。   。。。『字解』p196


☆☆☆ 漢字物語0068『 「固」 干加え、さらに囲い守る 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
 


 時が経てば古くなる。古くなれば枯れるのが自然の流れですね。心も枯れるのが当たり前なのですけれど、いつまで経っても青いまんまです。未熟者。生まれ、変化し、熟れ、枯死する。熟れないまんまで、若い内に、死ぬはずだったのに、いつまでも生き延びて、熟れないまんま死んでいく。そういう人間がいてもおかしくはないのでしょうけれど・・・


 古木のように風雪を凝縮して威風堂々坐死できる人間もいるのですけれどね・・・


 魂魄の鬼を生きたし青鬼を   仁


 風にも雷にも鬼の居りけり



☆☆☆ 『 阿呼さん  裸木 』 への交心です。 ☆☆☆
 









★ 徒然575交心w12k122902

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

枯れし如立ち尽くしたる古木かな

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > 裸木の黒く燃え立つ落暉かな   阿呼


 身内の阿修羅また蠢ける   仁


 枯れし如立ち尽くしたる古木かな   仁


 されど凛々気の澄み渡る





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 徒然575交心w12k122301『 ジャガイモの花と自遊を恋いし日々 』 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ 言葉あそび575交心w12k122104『 かまくらの一夜かぎりの祈りの灯 』 へどうぞ!!! ★★★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!