忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


決めた
死にたければ
死ねばぃぃ
そぅか
すべてが
分かった
私が
決めたことなら
誰も
止めたりしない
だったら
今すぐ
消えてやるよ
皆の前から
死んでやるよ
あなたが言うことゎ
正しい
すべてが終わり
私ゎ
すべてが
終わってるよ
だから
終わりなんて
何もない
あなたのお陰で
決心した
皆の前から
消えよう
学校を辞めよう
消えよう
ありがとう
決心させてくれて
親の機嫌をとり
姉の機嫌をとり
心配かけないよう
空元気をし
毎日
母の涙をみ
自分を殺したい気持ち
押さえながら
父に優しくし
返ってくるものゎ
苦痛のみ
祖父の涙をみ
母の妹の胸のうちを聞き
余裕ないのに
ニコニコして
笑って聞き
そんな日々に
疲れを覚えた
きっと君にゎ
弱いとしか
とれないのだろう
だけど
私の人生
すべてを語り
同じ道
歩きますか…??
生きていけますか…??
と尋ねれば
君も
みんなも
できるとゎ
言えないだろう
だからといって
同情ゎいらない
同情してほしぃ
そんな気持ちゎ
さらさらない
だけど
たまに
寄り添ってほしい
頑張ったねと
誉めてほしい
そぅ思う
弱さを
分かってほしいと
ぁなたにゎ
理解できないこと
なのかもしれない
それでぃぃ
だけど
やっと…
やっとの気持ちで
整理できた
迷いが消えた
ぁりがとぅ
誰か分からない
あなたに
感謝します
今まで皆
ぁりがとぅ
弱くて
情けない私
もぅ
ダメだね
分からないように
消えよう
突然でゎなく
誰にも
気付かれないように
まだ顔を
あわせるだろうけど
許してね
みんな
ゴメンね…
ぁりがとぅ…
さよなら…
あなたたちを
いつまでも
見守らせてね
大好きな
空となり
大切な皆を
見守りたい
存在が
消えたら
苦しまない
だから
空から
皆を見守る
自然が
そぅであるように
私も
そうなりたい


星呼







  むぅの『翼が折れた少女』  




PR

コメント
自分の手で幸せを創りつづけていく

 星呼、おはよう。誰も星呼のように生きることはできないだろう・・・。ほんとうに、星呼、ここまで、よく生きてきたよ。18歳だよ。老仁は、その星呼の心、しっかり、抱きしめているよ。星呼の生きてきた現実を知っている人は、誰でも、星呼の心をしっかりと抱きしめているよ。星呼の心に、いつでも、寄り添っているよ。・・・そして、悔しがっているよ。現実のこととして、体を寄せ合うことができないことを。体ごと抱きしめることができないことを。いつも傍で一緒に生きていけないことを。・・・けれど、心は、いつでも、一緒だよ。こころは、いつも、星呼の傍にいるよ。こころはいつも、星呼をしっかり抱きしめているよ。
 決めるのは、そう、星呼なんだ。信じるのは、そう、星呼なんだ。星呼が人を信じて、人が心を星呼の傍に寄り添わせていることを感じることができるようになってほしい。星呼が、人を信じて、抱きしめられていることを感じることができるようになってほしい。星呼が自分自身を信じて、がんばってがんばって踏ん張っている星呼自身をほめてやってほしい。それでも泣いて泣いて、叫んで、叫んで、逃げてまわって逃げてまわっている弱い星呼をしっかり抱きしめてやってほしい。
 真実の星呼は人には見えないんだよ。人が見ている星呼は「現れ」だけなんだ。老仁にも星呼の「現れ」しか見えないんだよ。でも、老仁は「なしかね?」と考える。なぜ、星呼がこういう「現れ」をしたのかと。もっと深いところで星呼の真実に出会いたいと思う。星呼の一番きついところで心を触れ合わせたいと願う。その時、星呼に寄り添うことができるようになると思うからだ。老仁は、求めれば、心は深いところでつながり合い、理解し合い、愛し合うことができると信じているんだ。だから、星呼、老仁は、星呼を愛しているよ。いつでも、星呼の心を抱きしめているよ。星呼が泣くときは、老仁も一緒に泣いているよ。星呼が喜んでいるときは、老仁も一緒に喜んでいるよ。星呼が死にたいときは、老仁も一緒に死にたくなるよ。・・・けれど、星呼、老仁の願いは、いつでも、星呼に幸せに生きてほしいということなんだ。どんなことがあっても、幸せになるまで、一緒に生きていこうよ、ということなんだ。一緒に生きていこうよ。必ず、幸せを生きることができるようになるよ。幸せは自分の手で創りあげていくものなんだよ。
 老仁は、自分の手で幸せを創りつづけていくことを決心したよ。

【2006/07/24 12:19】 NAME[老仁] WEBLINK[URL] EDIT[]
自分の手で!
つらい、つらい、茨の道のあとで、来るべくして、来る幸せがある。起こるべくして、起こる出会いがある。
 その幸せをつかみ、その出会いを受け容れるのは自分の手なのだよ。
 自分の手を素直な心につないで、自然の流れに沿って、そして宇宙とつながって、自分の運命を創りだしていこうね。

 運命とは命を運ぶことなんだね。
 命を人任せにしないことなんだね。
【2006/07/24 12:26】 NAME[老仁] WEBLINK[URL] EDIT[]
生きるために

生きるためなら
体を切ってもいい

生きるためなら
「死ぬ」と言いたいだけ言っていい

生きるためなら
ご飯食べて吐いてもいい

生きるためなら
気がすむまで愚痴ればいい

生きるためなら
暴言を吐いてもいい

でも

生きて
わたしが正しくないかも知れないけど
死ぬほうが正しいかもしれないけど
生きて

お願いだから
自分から自分の決断で死を選ばないで

【2006/07/24 15:04】 NAME[くぅ] WEBLINK[URL] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!