忍者ブログ
心がさびしい、 心がつらい、 心が痛い・・・ 心が喜ぶ・・・
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 言葉あそび575交心w12k120704

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

木枯らしの果てに優遊北斗星

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > 伸ばす手の届かぬ思い冬北斗   葉呼


 いつでも触るる心に手あり


 人事はいつでも今ここに露わに現れます。現れる姿と心の姿が同じ時人は自分らしさに安心するのでしょうね。それが自分の面目を生きるということでしょう。
 けれど、心というのは厄介なもので、心の中にもう一人の自分がいるんです。
 そのもう一人の自分が本当の自分、自分の本当の主人公です。
 それが本来の真面目です。
 一無位の真人と呼ばれたり、仏性を意味したり、ニーチェの超人だったり、いろいろの人がいろいろの呼び方で道標にしてきた根源的な人間のことです。
 その自分の中の本当の主人公を、一休さんは、面目坊とと呼んで恋をしたんです。


 本来の面目坊の立ち姿一目見しより恋とこそなれ   一休


 一休さんは修行時代にその面目坊の立ち姿をちらりと見たのでしょうね。
 一休さんの初恋です。
 それからもうただただ一途に面目坊への恋を生きました。
 そして面目坊への恋を生き貫いたのです。


 木枯らしの果てに優遊北斗星   仁


 風に逆らい日々泣き濡れぬ


 ≫ 伎倆あり、よく百思想を断ず。境に対して心起こらず、菩提は日々に長ず。   北宗禅の臥輪禅師

 ≫ 伎倆なしに、百思想を断ぜず、境に対して心しばしば起こる。菩提なんぞ長ぜん。   南宋禅の慧能


 葉呼さんのご意見少しもピント外れではありませんよ。
 凡愚老仁の偏りと妄想性をきちんと指摘してくれていますし、泡沫のようなただの言葉あそびに過ぎない無駄事であることを教えてくれています。
 無駄な慰戯と知りつつ交心遊びのおつき合いしてくれださる菩薩さんの心に感謝しています。

 葉呼さんのご意見少しもピント外れではありませんよ。
 葉呼さんのおっしゃる通り、一回性の生ですから、比べ、選び、大切に生きるしかないのです。
 無駄を遊びながらも、実際には、凡愚老仁も無能、不器用のまま、世間からは脱落していますけれど、それなりに面目坊を生きているのでしょうね・・・


 生きていくということは今ここに名前も持ち、役割も制約もやりこなしながら、より自分らしく、より平安に、生きたいと願いつつ、一つ一つ見比べ、選び、吟味しつつ具体的に悲喜交々、苦楽を綯い交ぜに受け容れていくということです。
 現実は、いつだって、生々しくリアルです。
 そこを生きていく生々しい「私」を生きているんです。
 その「私」を、誰も代わって生きることはできません。その現れる「私」を、時々刻々選択しているのも「私」です。選択し、決断するのが「私」の主体性です。
 選択を実行するのも、修正するのも、断念するのも、今ここの主体的な「私」の決断です。実行する決断も断念する決断も、どちらも同じ、「私」の主体的な決断です。

 一つ一つの日常のことを、比べ、選び、確かめながら、大切に生きるんです。大切に生きたんですから、できてもできなくても、充足できるんです。十分な命の発露です。


 無駄事も命の慰労冬銀河   仁


 言葉の船のネアンの時空


 「比べず、選ばず、軽んぜず」は「比べ、選び、どれも軽んぜず」でもあるんです。
 上の臥輪さんと慧能さんの対比は、言葉に拘らない命礼賛の慧能さんの面目坊躍如というところでしょうか・・・


 大切なことは目には見えないんだよ。
 『星の王子さま』のはじまりの言葉です。


 NHKテレビテキスト 100分de名著『 星の王子さま 大事なことは目に見えない 』。
 毎週水曜日 午後11:00~11:25

 11月05日より放映がはじまりました。
 大人に送られた童話のメッセージを伝えてくれています。


★★★ 今日のそのまんま575で交心w12年12月07日『 冬の星見れば心に冬薔薇 』 へどうぞ!!! ★★★



 夜が遅いですけれど、夜更かしにならないように観てもらえるとHappyです。
 そのまんま575で言葉あそび交心の語り合いができるとHappyですね・・・



 冬昴観よ面従の腹の奥   仁


 新サラなる奥に笑む面目坊





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 言葉あそび575交心w12k120602『 まね一茶カミをあそばんやれ芭蕉 』 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ つけ句あそび575交心w12m112802『 雪原を越えて命の響き合う 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


PR


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 言葉あそび575交心w12k120602

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

まね一茶カミをあそばんやれ芭蕉

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――




> 通し給へ蚊蝿の如き僧一人   一茶


 15才で信濃より江戸へ丁稚奉公に上がり、25才くらいで俳諧の道を志し、芭蕉さんの旅人のスタンスを心に俳諧修行の旅に出て、36才で江戸に帰り着き、業俳として江戸で活動しはじめています。


 > いざいなん江戸は凉みもむつかしき   一茶

 > 月花や四十九年のむだ歩き   一茶


 芭蕉さんの心は抱いたままながら、江戸の俳諧道に疑問を抱きはじめたのでしょうか・・・
 

 > 大根引き一本づつに雲を見る   一茶



 月寒しこれから先もむだ歩き   仁


 地蔵なじまぬちっご路の空



 50才にして故郷信濃に帰りました。
 良寛さんも49才で国上山五合庵に終の栖を定め自然法爾の世界に入っていきますけれど、一茶さんはこれから生活の苦闘が始まるんです。
 何故?
 故郷の風土の中に一茶さんの面目坊の在処を見つけ出したのでしょうね。
 一茶さんの新しい根っこへの旅がはじまりました。

 それは言葉の原郷への回帰であったようです。
 それは今ここの命の根源に共振する世界との出遭いであったようです。


 > 雪とけて村いっぱいの子ども哉   一茶


 一茶さんが根っこへの旅で探し当てた故郷の原初の世界も、裸の命の躍動する子どもたちの優遊蕩蕩たる世界であったようです。


 ふとしたことで一茶さんに巡り遇ってしまいました。
 観念遊びに変わりはありませんけれど、すこし色合いに変化が現れると楽しくなるのだけれどなぁ・・・


 凡愚老仁の幼稚な言葉遊びの、根っこへの旅の蛙如来さんとの巡り愛なのかもしれません。真似一休さん遊びで巡り遇った面目坊如来さんの一茶さんバージョンです。


 まね一茶カミをあそばんやれ芭蕉   仁


 奥の奥なる女山ゾヤマの森に





★ 優游575交心w12m111002

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

巡り会う月影愛でて己知る

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > でこぼこの月を愛でれば風のキス   葉呼


 水たまりにも影映しけり   仁


 葉呼さん、いつも交心ありがとうございます。
 あい風交心はじまってもう3年にもなるんですね。一日一日が凄い勢いで去っていきますけれど、3年の歳月もあっという間ですね。
 一日一日の生きもうけの燃焼が愛おしくなるばかりですね。


 巡り会う月影愛でて己知る   仁


 風愛で花愛で雲雨も浴びよ


 7日は朝カルのフィールドワークで求菩提山と周辺の仏像探索、89日は高校の同期会で杖立温泉で遊んできました。帰ってバタンキュン。今日は三瀬峠で水を汲んで、伊都国博物館の館長講座。還りに姉の入院見舞いもしてきました。明日は又有明海沿岸のA列車ツアー。月曜日は朝カルの邪馬台国講座。・・・11月は行事いっぱいで、あそび三昧境です。
 BLOGも滞ったまんまです。ご寛容くださいね。


 歴博で「古代東アジアの文字文化」、おもしろそうですね。
 凡愚老仁が受講しているのは白川静さんの漢字学で『魏志倭人伝』を読み解く講座です。白川静さんの漢字学に巡り会って『常用字解』にはまり込もうとしている所です。甲骨文字、金文、篆文による漢字のはじまりの読み解きです。言葉あそびの源泉だと想って楽しんでいます。
 「椋」は新しい漢字なのでしょうね、『字解』を調べてみましたけれど載っていませんでした。白川さんの漢字は神話時代の漢字のはじまりなんですよ。だから祭祀と軍事が漢字のはじまりだといいます。民主主義の民は、目を針で潰す象形文字で、目を見えなくして神に仕えることを意味するというような解釈です。草冠は髪を振り乱している巫女の姿の象形文字だそうです。はじめての発想なので夢中になっています。
 はじめにことばありき、です。
 凡愚老仁の課題は、神話時代の言葉を脱して、人間礼賛の言葉に翻身させることなんですよ。そのためにはその成り立ちをとにかく知ることからはじまらなければなりませんからね。・・・


 鰯雲言葉あそびに命回帰   仁


 虚仮の言葉に命吹き込め





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 優游575交心w12k120301『 愚図のまま雪の畦道を歩く 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ つけ句あそび575交心w12m112802『 雪原を越えて命の響き合う 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ つけ句あそび交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★★★ つけ句あそび交心w12m110202『 紐解いてきみ待つ秋の灯しかな 』 への交心です。 ★★★






★ つけ句あそび交心w12m110201

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

紐解いてきみ待つ秋の灯しかな

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






 > 相聞歌独り紐とく秋灯   吾呼


 紐に重なる手の遠くなる   仁


 紐解いてきみ待つ秋の灯しかな   仁


 いく念待てばきみ戻り来ぬ





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 言葉あそび575交心w12k120401『 季は巡り葉は枯れ鳥は渡りけり 』 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 良寛貞心尼相聞歌を遊ぶ01w02w02『 相見てのほとめき月の青さかな 』w12m1116 へどうぞ!!! ★★★
 


★★★ 言葉あそび575交心w12m110604『 巡り会う一会遊ばん返り花 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 言葉あそび575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★





★ 言葉あそび575交心w12m111302

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

落雁に神も仏もなかりけり

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






> 黄葉の宙を目指して鳥になる   遊呼


 夕陽の森の塒忘るな   仁


 落雁に神も仏もなかりけり   仁


 されど般若の知恵を生きをる


 無明の心に神仏は宿るのでしょうね。
 今も変わらず地震雷火事親父の無明の世界を生きているんです。権力者に言葉を占有されてしまっています。
 一休さんは『骸骨』を生きることによって、反権力、反権威の言葉の翻身を切り拓いた最初の人だったと凡愚老仁は思っています。
 一休さんは言葉に呪縛されなかったんです。
 一休さんは神仏に呪縛されなかったんです。
 Do it liberty. 呪縛からの解放。
 一休さんは言葉を面目坊の言葉に翻身させたのです。その魁でした。
 近くはニーチェさんが神は死んだと、と宣告しました。そしてブラックパンサーはブラックイズビューティフルと言葉の翻身を宣言しました。
 覚醒から新しい言葉が誕生します。
 覚醒が力です。


 そんな言葉あそびを凡愚老仁は遊びはじめるんですよ。
 だから、祭祀と軍事から生まれてきた言葉の出自を知りたいと念じているのですけれど、無能無才故に、中途半端な言葉あそびになってしまうんですけれどね・・・


 騙されぬ心を遊ぶねこじゃらし   仁


 軽く目覚めて楽楽眠れ


 何事も無知で、何を初めても中途半端ですから、いつでも愚かに世間から滑り落ちてきましたけれど、滑り落ちた井戸の中で、無知ながらの空想言葉あそびを楽しんでいます。
 ただの言葉あそびです。


 精進という道からも脱落してきましたので、ステータスは何にもないんです。
 凡愚のままですけれど、遊呼さんの精進の道、声援送りますよ。遊呼さんらしさの道を歩きつづけてくださいね。





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ つけ句あそび交心w12m110302『 草もみじ情によそおい楽しみき 』 へどうぞ!!! ★★★


★★★ 青のくさみ「森女」遊泳2101『 身を捨てて月と言葉を遊びけり 』w12p1029「 0863 」 へどうぞ!!! ★★★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 一休さんの詩を遊ぶ ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







★ 青のくさみ「森女」遊泳2101w12p1029「 0863 」

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

身を捨てて月と言葉を遊びけり

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――






 一休さんは死ぬまで詩を遊んでいますね。
 詩を遊ぶことが一休さんの生涯だったといってよいのかもしれません。それはまた、パリコミューンの真っ直中で<見者>になるために詩を書きつづけて、21歳で詩を捨てたランボーさんの精神に似ていたのかもしれませんが、その後ランボーさんは一休さんと同じように自己超克の砂漠の旅に出ました。21歳で一休さんは自殺未遂で生まれ替わって、聖胎長養の旅に出ました。1891年11月10日コンセプシオン病院にて死亡。狂雲の人生を37歳で、錯乱の中で、閉じました。強靱な肉体も不撓の精神も一休さんは狂雲を巻き起こしながら88歳まで生きます。一念の通り、森女さんに抱かれて、自然法爾の至福の中に坐死しました。
 二人の見者を並べて考えてみましたけれど、未だ関連づけの糸口も見つけ出せないままです・・・


 身を捨てて月と言葉を遊びけり   仁


 凡愚に言葉導きの友






★ 仁訳森女0863w02『 平生長詠短歌中 』恋法師純蔵主辞世詩w12p1029

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 平生長詠短歌中 嗜酒婬詩永日空 身後精魂何処去 黄陵夜雨馬嵬風

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――




 恋法師純蔵主、辞世の詩
 平生、長詠、短歌の中、
 酒を嗜み、詩に婬し、永日空し。
 身後、精魂、何処へか去る、
 黄陵の夜雨、馬嵬カイの風。

仁訳
 いつだってぼくは詩を長く詠い、また歌を短く詠んできた、
 いつだって酒を嗜み、いつだって詩に婬して、いつだって虚空を生きてきたものだった。
 ぼくが死んだら、魂は何処かへ去ってしまうのだろうね・・・、
 舜妃を祀る黄陵廟には、今も、夜の雨が降っているだろうし、楊貴妃を祀る馬嵬には、今も、風が吹いているだろうね・・・、
 そんな今まで夢に見てきた所に行って、今ここを夢の時空として、森女といつまでも愛し合っていたいものだよ。


 一休さんは死の間際まで詩を追いつづけ、詩いながら死んでいったのでしょうね。
 森女さんには詩いつづける一休さんの声が聞こえているのでしょうね。


 > 裏を見せ表を見せて散るもみじ   良寛


 死に際に貞心尼さんに伝えた良寛さんの心ですけれど、一休さんの森女さんに伝える心も、同じなのでしょうね・・・。そして良寛さんは明晰な精神のまま栄蔵さんに戻っていましたけれど、一休さんもやはり明晰な精神のまま千菊丸さんに戻っていたのでしょね。
 良寛さんも一休さんも母恋少年に戻ったのです。
 貞心尼さんは良寛さんにとって常不軽菩薩さんだったのでしょうし、森女さんは一休さんにとって弥勒菩薩さんだったのでしょう。
 ただもし違いをいうなら、森女さんはその心を一休さんが伝えなくても感じとっていたということでしょうか。目の見える貞心尼さんと目の見えない森女さんの違いでしょう。


 今ここが黄陵馬嵬ぞ星月夜   仁


 草枯れ虫も鳴かぬ狭庭も





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



★★★ 青のくさみ「森女」遊泳2001『 お惚気の恍惚楽土花海棠 』w12p1028「0690」 へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ つけ句あそび交心w12q093001『 念ずれば物皆形見涼しかり 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
青柳仁
性別:
非公開
自己紹介:
 21世紀を平和の世紀に!
 平和の砦を守る戦士として生きていますけれど、身近な人たちの中で、戦争に対してNO!と言い続けるスタンスを持ち続けていくことしかできません。
 手に花を!心に平和の砦を!

 平和の砦の源泉は子どもたちの未来を守ることです。子どもたちが生きる希望と勇気を持つ世の中を創りだしていきましょう。
 子どもたちと一緒に生きましょう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
ようこそ!